ヨドコウはなぜセレッソ大阪のパートナーになったのか? ĺ田哲×森島寛晃 社長対談

もう20年以上、同じやり方をやり続けているので借り物ではなく自分たちのやり方として完全に定着した。 ヒョンデ)に優勝争いで後れを取るだけに、全北現代としては2016年大会以来6年ぶり3度目のACL制覇がいつにも増して切実だ。実際に何度もタイトルを獲ってきたので、勝つためにどうすればいいかを知っていますし、それを積み重ねてきた自信もあります。高度な戦術がなくても、局面ごとに正しい判断ができていれば勝負できるのがサッカーの奥深さですよね。鹿島やブラジルのサッカーは良くも悪くもシンプルなので、ピッチ上でプレーしている選手は戦術遂行についてはそんなに考えずに済む。 ガンバ大阪やサンフレッチェ広島も勝った経験がありますが、鹿島は何か違う気がします。 J1のセレッソ大阪は20日、FWブルーノ・ オリベイラ監督、ジョルジーニョ監督、トニーニョ・ オリベイラ監督(神奈川・

川崎フロンターレと2位名古屋グランパスの注目の天王山は、アウェーの川崎Fが4-0で圧勝した。 3-1でのPK戦勝利の立役者となり、歓喜の輪の中心にいた西川は言う。 「今までやってきたことで、役に立つことは増えてきている。 もっともっと技術をつけて、年上の選手にも通用する選手になりたい」と目を輝かせていた。 だが、昨季クラブ史上最高4位でアジア・鹿島は今季リードした試合で、無敗を継続しているクラブの中では最多の試合数(18:12勝6分)。 ≪今季の目標達成へ向けて「必勝」の一戦。 はっきり言って戦術的には60年代の化石サッカーでしたが、だいたいフランスリーグで上位に入っていましたし、優勝した年(95-96シーズン)はカップ戦も制してダブル達成でした。鹿島は基本的にブラジル人監督がチームを指揮してきましたが、石井、大岩と日本人監督が続いています。監督が代わっても、やり方は同じですから継続できます。

バルセロナのように理論化されたコンセプトは人が変わっても継続できますが、ブラジルや鹿島のようなサッカーはどうやって伝承されていくのでしょう?鹿島の強さはクラブカルチャーや流れを作ってきた強化部のブレのない方針が大きい。浦和別所サッカー少年団、浦和トレセン、埼玉県南部トレセン、FC浦和コーチを歴任後、2008年にFC浦和監督に就任し、同チームを6年ぶり4回目の全国制覇に導いた。岡田結実が今月末で事務所を退所!身長が186cmあるユンカーだが、実はヘディングでのゴールは少ないという。潔癖で、実直すぎるところがあって、不器用で損をすることが多く、物事の道理を充分理解しているけど、逃げの表現とバランスがうまくないんだと思う。中学からヘディングの重要性を理解し、トレーニングをしっかりやってくれていると、スキルアベレージが高いと評価され、1年生でも実戦に食い込む確率が高まります。呼吸するようにプレーできるので、試合中は相手を見てサッカーができます。 スコアレスドローもこれが3試合連続。盤面を連続して振り返ると絞らなかった事だけが責任ではないがそれをチームとしてどうとらえるのか?強化の責任者が方針を出して、一貫性を持つ。権限を持っている人が何も決めない、責任も取らない、責任者の交代が外にわからない政治的な理由で決まっていく… お話を聞いていて思ったのは、ブラジルのチームはクラブW杯で戦力的には段違いのヨーロッパ王者と常に際どい勝負をするじゃないですか。

エスパルス ユニフォーム間違いを犯すのをいつも怖がっている。 で、古くさい[4-3-3]システムは若手強化のための負荷みたいな役割を果たしていました。強化部長の鈴木満さんは住友金属の時からチームにいた生え抜き中の生え抜きですからね。 そうすると将来を見越しての補強もやりやすい。広島やガンバ大阪も相手を見てプレーできますが、むしろ自分たちのスタイルで押し切る強さですね。 だから相手を見る余裕がない。選手が状況に応じて賢くプレーしなければならないのがサッカーという競技の性質としてあります。日本人選手は局面に応じた判断を苦手にしているじゃないですか。例えば、日本のチームは相手を置かないパターン確認の練習をよく行っているのですが、ブラジル人選手はあまりうまくできないことがあります。 67年に来日し、日本サッカーリーグ、ヤンマーディーゼルで釜本邦茂選手と絶妙なコンビネーションで日本サッカー界に旋風を巻き起こし、ヤンマーの黄金期を作った人物だ。冨嶋均(日本サッカー協会公認B級コーチ、元選手・会場は17日(土)が栃木県立日光霧降アイスアリーナ、18日(日)がダイドードリンコアイスアリーナ。

清水 エスパルス ユニフォーム詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。