バルサ、アレニアのヘタフェ移籍を発表

FCバルセロナからの公式なニュースとして、チームのユース出身のMFアレニアがヘタフェに正式に移籍することが発表された。 アレニアはわずか500万ユーロの移籍金でヘタフェに加入し、バルセロナは同選手の将来の移籍金の50%を負担し、買い戻しの権利と第一拒否権を保持すると報じられている。

ラ・マシアユースアカデミー出身の23歳のアレニアは、昨シーズンのラ リーガ前半戦にバルサで2回交代出場し、後半戦はヘタフェにレンタルされた。 ヘタフェではラ リーガ22試合に出場、うち15試合で先発し2得点2アシストと結果を残した。 アレニアのバルセロナとの契約は2022年6月30日までで、同選手のデ・トランスファーでの評価額は現在1500万ユーロ(約15億円)となっている。

サッカーユニフォーム

深刻な財政難に陥り、若い才能をほとんど売り払ってしまったバルサだが、チーム内の「フランス組」は動いていない。 バルサ復活の最大の難関は、「フランス組」をいかに一掃するかということだ。デンベレは4ヶ月の戦線離脱中で、今年の夏のウィンドウでは絶対に売却しない。ウンティティとグリーズマンは高給を保持しているが、出て行きたがらず、レングレの力は非常に限られていて誰も彼に興味がない。