ACミランが11年ぶりにセリエAのタイトルを奪還

ローマ 5月22日(頼孟慶) – ACミランは22日、イタリアセリエA最終節でサッスオーロを3:0で下し、インテル・ミラノを圧倒して11年ぶりのセリエA連覇を達成した。

リーグ優勝を決める一戦は、ACミランが序盤から攻撃を支配し、多くのゴールチャンスを作り出した。 サッスオーロのGKアンドレア・コンセイが好プレーを見せ、いくつかの素晴らしいセーブを見せた。 16分、赤黒はジルーがDFとGKの股を抜くシュートを放ち、均衡を破った。 31分、ミランはレオのアシストでジルーが至近距離からゴール前にシュートを決め、リードを広げた。 35分、ボールに反応したケッシーがゴール前に押し込む。 後半は試合の激しさが和らぎ、結局ACミランが3点差で勝利した。

ACミランのステファノ・ピオリ監督にとって、監督生活初のトロフィーとなった。 彼は試合後、”我々は決してあきらめず、一貫して、ボールを落とさず、重要な試合ではすべて勝利したのだから、トロフィーにふさわしい “と語った。 しかし、ピオリの優勝メダルは祝賀会の最中に紛失してしまい、”探すのを手伝ってください、これしかないんです “と訴えた。

サッカーユニフォーム

インテルもホームでサンプドリアに3:0で勝利し、ペリシッチがトップ、コレアがダブルで貢献し、タイトル防衛とリーグ準優勝に勝ち点差が2ついた。

ナポリはアウェーでスペツィアに3:0で勝利し、リーグ3位となった。

サレルニターナはホームでウディネーゼに0-4で敗れたが、ヴェネツィアとカリアリが0-0で引き分けたおかげで、サレルニターナは勝ち点でリーグ残留を果たし、カリアリはヴェネツィア、ジェノアに続く3番目のチームとして降格することとなった。