インテルは6年間で150%の成長を遂げました

先日、大手会計事務所KPMGのサッカーベンチマークチームが、毎年恒例の「サッカーエリート・レポート」を発表しました。 同報告書が発表した2022年のクラブ企業価値ランキングでは、リーガ・エスパニョーラの強豪レアル・マドリードが4年連続で首位となり、マンチェスター・ユナイテッドがバルセロナを抜いて2位、ブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンが4位、セリエAの強豪インテルが14位と、いずれも上位に名を連ねました。

レアルマドリードの2022年の企業価値は、前年比9%増の31億8400万ユーロで、フットボールベンチマークチームがソーシャルメディアのフォロワー数、財務収益、選手価値、スタッフコストを考慮したリストを算出したものである。 レアル・マドリードは商業スポンサー収入が増加したものの、流行病などの影響でマッチデー収入が減少しており、企業価値は2020年に設定したピーク時の34億7800万ユーロにまだ及ばない。

サッカーユニフォーム

位はプレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッドで、1億ユーロ以上の純損失を出したにもかかわらず、企業価値は28億8300万ユーロとなり、バルセロナを抜いて2位となった。 昨シーズン、ユナイテッドはプレミアリーグで2位、UEFAカップで準優勝し、今シーズンからチャンピオンズリーグに復帰することができ、「赤い悪魔」にとっては収入増につながったのである。

バルサは28億1400万ユーロで3位、昨年より企業価値が2%低下した。 カタルーニャの巨人の財政はここ数シーズン悪化しており、バルサのスタッフコストの88%を占めることに加え、総収入は2018-19シーズンの10億ユーロに近い額から5億8100万ユーロに低迷しているが、バルサは依然として世界最大のファン層(2億8200万人)を抱えている。

セリエAレベルでは、ユベントスが企業価値15億9,700万円で7.9%増となり、全体の10位となった。 インテル・ミラノは企業価値9億9600万ユーロで14位となり、昨年に引き続き順位を維持しています。 注目すべきは、インテル・ミラノの企業価値が2021年比で1億1900万ユーロ(約14%)増加し、上位15位中5位となったことで、近年、着実に競技成績の向上とともに成長を続けており、蘇寧グループは所有期間の過去6年間で企業価値を約150%増加させています。 また、ACミランの企業価値は5億7,800万ユーロで、35.4%増加し、15位にランクされました。