インテルはまだタイトル防衛の可能性を残している

2022-04-24 09:59

欧州5大リーグ2021-22シーズンは終わりに近づき、リーグアン(パリ)、ブンデスリーガ(バイエルン)はすでに王者を輩出し、リーガは今節レアル・マドリーも負けなければ早々にタイトルを獲得、イングランドのプレミアリーグ、セリエAのタイトル争いはスプリント段階に入り、マンチェスターシティとリバプール、ACミランとインテル、確率は最終戦で王者が決定することになります。

北京時間4月28日未明、セリエA第20節、インテルはアウェーでボローニャに1-2で逆転され、これによりセリエAタイトルレースの模様が一夜にして変わり、インテルはタイトルレースの主導権を手放し、ミランが2点差で勝利してレースをリードすることになりました。 セリエAは34節を終え、ミランが22勝8分け4敗の勝ち点74で首位、インテルが21勝9分け4敗の勝ち点72で2位となった。

ミランは今シーズン、セリエAで4戦を残している。 残り試合は、ホームでフィオレンティーナ(欧州出場権争い、良い試合ではない)、アウェーでヴェローナ(欲はないがヴェローナの強さは侮れない)、ホームでアタランタ(欧州出場権争い、良い試合ではない)、アウェーでサッスオーロ(欲はないがサッスオーロの強さは侮れない)と対戦している。

インテルの残り試合:アウェイでウディネーゼ(無欲)、ホームでエンポリ(無欲)、アウェイでカリアリ(降格チーム)、ホームでサンプドリア(降格チーム)。

サッカーユニフォーム

リーグ戦の勝ち点、対戦成績ではミランが2ポイントリードしているが、日程はかなり厳しく、特にフィオレンティーナとアタランタは来季の欧州出場権を得るためにセリエAのトップ7を争わなければならず、良い試合ではないため、インテルにはまだタイトル防衛のチャンスがあり、ブルー&ブラックスはそれほど難しくない残り4試合で勝ち点12すべてを確保し、あとはミランにミスがあるのを待つしかない状況だ。