モウリーニョ監督、ASローマの方向性を決定

ジョゼ・モウリーニョ監督は、おなじみの戦術とおなじみのスコアで、今朝早く行われた第1回欧州協会リーグ決勝で、ローマがフェイエノールトに1-0の勝利を収めました。 ローマが1961年に手にした国際シティフェア・カップの正式な地位はUEFAやFIFAには認められていないため、このUEFA協会のタイトルはローマ史上初の欧州タイトルであり、2008年にローマがコッパ・イタリアを獲得してから初めてのことである。

モウリーニョ監督のチームが戦ったこれまでの決勝戦と同様、ローマの対戦相手フェイエノールトは比較的ボールを支配していたが、試合が32分になるとローマは最初のシュートでゴールを決め、ローマのゴールをお膳立てしたのは準々決勝ボーデグリッター戦でハットトリックを達成したザニオロであった。 今後10年間、ザニオーロはローマのチームメイトであるペッレグリーニとともに、ローマやイタリア代表のメインアタッカーとしての役割を担うことになりそうだが、23歳未満で欧州決勝トーナメントで得点できたことは、ザニオーロの自信につながったようである。

サッカーユニフォーム

後半、フェイエノールトはさらに激しく攻め込み、ローマのゴールポストを2度叩くが、モウリーニョの同胞パトリシオは最終的に見事なセーブで地元と自身の夢の達成に貢献することとなった。 モウリーニョのUEFAチャンピオンズリーグ優勝は、これまでの欧州カップ2回、UEFAヨーロッパリーグ2回の優勝に比べると比較的マイナーなものではあるが、監督としてレベルの違うチームを率いてタイトルを獲得することは簡単なことではないし、ましてやモウリーニョがこれまで率いた5回の欧州決勝戦はすべて優勝というのは、監督界では奇跡的なことなのである。 2003年のリーグカップ決勝でポルトがセルティックに2得点された以外は、モウリーニョは4回の決勝戦すべてで相手をシャットアウトし、その指揮官としての能力を見せつけた。

17分にムヒタリアンが負傷し、交代枠を取られたため、モウリーニョ監督が自らの判断で使った交代枠は4つだけだった。 まずは67分、体力を落としていたザニオーロとザレフスキを交代させ、選手を生かすことに成功した。 次の2人の交代は非常に的を射たもので、モウリーニョはフェイエノールトの暖めたての攻撃陣を冷遇し、時間稼ぎをするために、最後の手段として2人の攻撃陣を投入したのだ。 ローマもフェイエノールトも終盤にアジア人選手を起用し、リバプールの南野拓実が代表入り、あるいは週末のチャンピオンズリーグ決勝でプレーする可能性もあり、アジアサッカー全体の躍進を物語っている。

ローマは2020-2021シーズンのセリエAで7位に留まり、長年チームに在籍した強力なウィンガー、ジェコも退団を選んだ。 オーナーがモウリーニョを招聘した最大の目的は、チームを再建させることで、タイトル獲得という目標は全くなかった。今シーズン、ローマは2軍戦ながら既にリーグ戦で1位浮上し、リーグ戦を経て来季のUEFAヨーロッパリーグへの出場が可能で、モウリーニョが持つ モウリーニョの今シーズンの目標は達成され、同時にUEFAチャンピオンズリーグを制覇できたことは、モウリーニョからボスへの余計な贈り物となった。

さらに言えば、ローマの歴代監督はそれぞれスタイルが異なり、チームの方向性が非常に不明瞭だったのに対し、今のモウリーニョはタイトルを獲得することで、効果的な守備的カウンターアタックで成功することをチーム全体に示しているのです。 もちろんモウリーニョにも後悔はある。例えばローマは3シーズン連続でセリエAの最終順位がラツィオより1つ下になったが、これは来シーズンまで残された問題で、モウリーニョの偉大さをいささかも損ねるものではないのだ。