セリエA-インテル3-1で接戦に

[セリエA-インテル3-1降格チーム、タイトル争いを継続 ロウタロウが2得点】

5月16日午前2時45分(日本時間)、2021-2022シーズンのセリエA第37節が行われ、王者インテルが降格のライバル、カリアリとのアウェイ戦に臨むという重要な試合が行われた。 前半はダルミアンがヘディングで均衡を破り、後半はラウタロが2点、リコ・ジャンニスが1点を返した。 結局、インテル・ミラノはカリアリを3-1で下し、首位ACミランと2ポイント差となり、タイトルへの望みをつないだ。

25分、ペリシッチが左サイドからクロスを上げると、ボックス内に踏み込んだダルミアンがバックポストでヘッドを決め、インテルがカリアリに1-0でリードを許した。

51分、シュクレニアルがバックポストからロングパスを出すと、ボックス手前でボールを受けたラウタロが右足で強烈なシュートを放ち、インテルが2-0でカリアリを上回り、リードを広げた。

54分、カリアリはマリンが中央から左サイドにボールを出すと、リコ・ジャンニスがボックス手前から左足でシュートを放ったが、ハンダノビッチはセーブできず、1点を返した。

サッカーユニフォーム

84分、インテルはロングパスを受けたガリアルディーニがボックス手前で素晴らしいパスを送り、ノーマークのラウターロが至近距離からシュートを決め、カリアリに3-1とリードを広げた。

試合は3-1でインテルがカリアリを下して終了した。

インテル・ミラノを粉砕

このセリエAの第20ラウンドでは、ボローニャがホームでインテルミラノが離れています。2022年4月28日、北京時間の午前2時15分に、対決が正式に開始されました。最終的に、ボローニャはインテルミラノを2-1で下しました。セリエAの勝利の最終戦。

サッカーユニフォーム

試合開始3分、ペリシッチとバレラがペナルティエリアの右側からシュートを放ち、最も近いコーナーキックを決めた。28分にはボローニャが同点に追いついた。バローの真ん中にいるアルナウトビッチが小さなペナルティを科した。エリア。1:1の得点前に、ボローニャは約81分でリードを奪い、最終的に左から突破し、サンソーネはゴールラインの前で首尾よく得点しました。

ボローニャはセリエAで非常に好成績を収めています。現在、ボローニャはセリエAで13位にランクされており、11勝9敗4敗です。さらに、ボローニャのパフォーマンスは平凡です。同時に、過去5試合でネイボローニャは2勝しました。 、3、0の敗北。それだけでなく、ボローニャは34ラウンドで39ゴールを記録し、48ゴールを認めました。

今シーズンのセリエAで、インテル・ミラノは圧倒的なパフォーマンスを見せ、現在セリエAで、インテル・ミラノは2席で、21勝9敗、さらにインテル・ミラノ彼らのパフォーマンスの状態はかなり優れて、最近の5試合でインテル・ミラノは4勝0敗、注目に値するのは、34戦でインテル・ミラノは合計72ゴール、28ゴールを許したことだ。

インテルは6年間で150%の成長を遂げました

先日、大手会計事務所KPMGのサッカーベンチマークチームが、毎年恒例の「サッカーエリート・レポート」を発表しました。 同報告書が発表した2022年のクラブ企業価値ランキングでは、リーガ・エスパニョーラの強豪レアル・マドリードが4年連続で首位となり、マンチェスター・ユナイテッドがバルセロナを抜いて2位、ブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンが4位、セリエAの強豪インテルが14位と、いずれも上位に名を連ねました。

レアルマドリードの2022年の企業価値は、前年比9%増の31億8400万ユーロで、フットボールベンチマークチームがソーシャルメディアのフォロワー数、財務収益、選手価値、スタッフコストを考慮したリストを算出したものである。 レアル・マドリードは商業スポンサー収入が増加したものの、流行病などの影響でマッチデー収入が減少しており、企業価値は2020年に設定したピーク時の34億7800万ユーロにまだ及ばない。

サッカーユニフォーム

位はプレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッドで、1億ユーロ以上の純損失を出したにもかかわらず、企業価値は28億8300万ユーロとなり、バルセロナを抜いて2位となった。 昨シーズン、ユナイテッドはプレミアリーグで2位、UEFAカップで準優勝し、今シーズンからチャンピオンズリーグに復帰することができ、「赤い悪魔」にとっては収入増につながったのである。

バルサは28億1400万ユーロで3位、昨年より企業価値が2%低下した。 カタルーニャの巨人の財政はここ数シーズン悪化しており、バルサのスタッフコストの88%を占めることに加え、総収入は2018-19シーズンの10億ユーロに近い額から5億8100万ユーロに低迷しているが、バルサは依然として世界最大のファン層(2億8200万人)を抱えている。

セリエAレベルでは、ユベントスが企業価値15億9,700万円で7.9%増となり、全体の10位となった。 インテル・ミラノは企業価値9億9600万ユーロで14位となり、昨年に引き続き順位を維持しています。 注目すべきは、インテル・ミラノの企業価値が2021年比で1億1900万ユーロ(約14%)増加し、上位15位中5位となったことで、近年、着実に競技成績の向上とともに成長を続けており、蘇寧グループは所有期間の過去6年間で企業価値を約150%増加させています。 また、ACミランの企業価値は5億7,800万ユーロで、35.4%増加し、15位にランクされました。