ユベントスは1月にマンチェスターユナイテッドのストライカーに移りたい!

2021-12-06 11:13

セリエAの巨人、ユベントス・フットボール・クラブは、現在のセリエAのキャンペーンで良いスタートを切っていない。 セリエAでは16戦して8勝しかできず、現在8勝3分け5敗の勝ち点27で、セリエA順位表の上位3チームとは大きく差が開いている。 ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、今シーズンからチームに復帰して以来、穴だらけのディフェンスの修正、スーパースターのクリスティアーノ・ロナウドが去ってから低下した攻撃など、多くの問題に対処しなければならない。

ユベントスはもはやイタリアのビッグチームで最も多産なチームではなく、今シーズンのゴール数はチームのトップ10から脱落し、脆弱なディフェンスによって失点を重ねている。これまでのセリエAでユベントスは22失点、16回破られ、わずか6つのネットしか張っていない。 ユベントス側は、来る1月の冬の移籍市場で攻撃陣の問題を解消し、あらゆる面でシーズン後半戦を救いたいと考えているようだ。

セリエAの強豪ユヴェントスFCは、1月に信頼できるストライカーを加えて戦況を改善しようとしており、イングランド・プレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッドFCのエースストライカー、エディンソン・カバーニをターゲットとしていると、イタリアのメディア、トリノ・スポルトが伝えている。 カバーニはセリエAのナポリFCで素晴らしいキャリアを積んでおり、ユベントスはセリエAの経験を持つ強力なストライカーを必要としており、カバーニが完璧にフィットすることは間違いない。 カバーニは、パリ・サンジェルマンからオールド・トラッフォードに移籍して以来、47試合に出場し、18ゴール6アシストを記録している。

サッカーユニフォーム

現在直面している問題を解決できないまま、来シーズンにセリエAの巨人が前例のないヨーロッパリーグ進出を果たすことを想像すると、ユベントスを大いに馬鹿にしているように思えてならない。 チームの攻撃を強化するということは、当然のことながら、パウロ・ディバラやモラタがチームにとってほとんど役に立たないことが証明されているため、ユベントスはセリエAの見通しを良くするために信頼できるゴールキーパーを迎え入れようとしていることを意味する。 現在、ユベントスで得点ランキングの上位にいる選手は、5ゴールで得点ランキング24位のディバラだけだ。 ユベントス在籍時に毎シーズン20ゴール以上を記録した元スター選手、クリスティアーノ・ロナウドのゴールは、ユベントスにとって切実なものであるはずだ。